裏デリの実態とは?

裏デリの実態とは?

裏デリと援デリの違いって?

裏デリ

裏デリとは非合法な売春斡旋組織。もしくは個人で営んでいる派遣業者のことだ。

 

「援デリ」と「裏デリ」は同義語として使用されていますが、厳密に言うと両者には若干の違いがあります。

 

援デリは18才以上の女性しか派遣しないことに対して、裏デリは18才未満の女性を専門に派遣する業者。援デリは公安委員会からデリヘル業の許可をもらっている。その看板を隠れみのにして出会い系サイトで集客している。表の顔と違うのは、客と本番でのセックスをオッケーにしている点です。

 

しかし、裏デリは派遣業としての許可すら貰っていない。完全なる違法売春組織として確信的に行っている業者のことです。

 

裏デリの大きな特徴とは、18才未満の女子高生(JK)や女子中学生(JC)を、出会い系サイトで集客した男性に派遣することだ。

 

悲しいことにJKとの援交を求めている成人男性の需要はメチャクチャ多い。それは、今も昔も、そしてこれからも続く生理的な欲求でもあるかもしれない。それと、比例して楽して稼ぎたい、貞操観念が欠如した児童も増えることが、社会的にも問題視されているように思える。

 

JK・JCと援交したい成人男性と、お小遣い稼ぎをしたいJK・JCとの架橋になっているのが、裏デリと言われる違法業者だ。

 

年齢認証を行っていない出会い系アプリや、ラインのID掲示板で直接JKと交渉することはリスクが高い。万一、少女が何らかの理由で、援助交際が発覚したとする。携帯の履歴によって、相手の男性が事情聴取に呼ばれるケースは後を絶たない。

 

その為、顧客リストの厳重な管理。携帯履歴を完全に削除してくれる存在の需要が高まる。

 

成人男性とJKの「クッション的」な存在として需要が高まったのが裏デリと考えられます。特に出会い系規制法が施工された後。裏デリの摘発数が右肩上がりに増えていると聞きます。

 

裏風俗を楽しみたい男性へ

裏風俗

裏風俗の代表格となるのが援デリの派遣を通じた援交、あるいは個人で買春活動している女性です。双方に共通するのは、出会い系サイトのアダルト掲示板で条件を交渉。交渉成立後、援交女性と待ち合わせをした後に、ラブホに行く過程を楽しむ。その後に本番アリでのプレイができることです。

 

通常のデリヘルだと待ち合わせプレイをするだけで軽く3万円以上は吹っ飛びます。むしろ、待ち合わせプレイがないデリヘル店のほうが多いです。しかし、援デリ嬢は違います。ラブホの近所で待ち合わせをしてから、双方合意の上でホテルに向かうことを前提にしたデートが成立する。この遊びを覚えたら普通の風俗には行けないかもしれないくらい刺激的です。なんせ、こうした裏風俗が1万五千円〜2万円前後で可能だからです。援デリを通さずにピン活動(個人援交)している女性の場合。女性次第では時間無制限に近い状態で1夜を過ごせる場合もある。

 

18才未満の児童を派遣する裏デリにだけ注意すれば、援デリの派遣を通じた素人女性との出会いも一興でしょう。裏風俗を探している男性には刺激的なプレイを楽しむことができます。

援デリ

 

掲示板

 

未成年を派遣する裏デリには要注意

 

中高生の「裏デリ」運営男逮捕 14歳少女 半年で720万円


大阪府警少年課は16日、中学2年の女子生徒(14)に売春をあっせんしたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、住所不定、無職の男(35)を逮捕した。

 

 少年課によると、男は少なくとも9人の中学生を含む中高生ら約20人を雇っていた。出会い系サイトで男性客を募り、援助交際を仲介する「援デリ」をしていた。「何も話したくない」と認否を留保している。

 

 女子生徒は昨年9月〜今年2月、約300人を相手に約900万円の売り上げがあり、うち8割の約720万円を手にしていた。調べに「友達に食事をおごったり、好きな物を買ったりした」と話している。

 

 逮捕容疑は1〜2月、男性客2人と女子生徒を引き合わせ、性交させた疑い。

 

 府警は今年2月、男に紹介された別の女子生徒(14)と性交したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで京都府の司法書士(66)=罰金50万円の略式命令=を逮捕しており、男が売春組織を運営していた疑いもあるとみて捜査している。


スポニチ記事抜粋:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/06/16/kiji/K20140616008379630.html

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ